。+゚☆゚+。★。真珠のつき世界。+゚☆゚+。★。

ドラマ、映画、本、ネット、日常のあれこれから自分で感じたことをお話しできればと思っています

『枕草子のたくらみ』山本淳子(修正アリ)

図書館から借りた本を読み終えました。



自分で買った本はいつでも読めると思っているので
読みかけて置いておかれている本が数冊。。。
テレビも見たいし、書道始めたので練習もしたい!



そう言いながらブログ書いてます。。。(○´艸`)



小説ではなく枕草子の解説本です。
『枕草子』って授業でも習っているので
少しは知っていますけど
詳しい事は知りませんでした。
というか覚えていませんでした。



清少納言が、一条天皇のキサキ、中宮定子の後宮で
雅な生活を送っていた話しだと思っていたのですが、
なかなか厳しい現実の中
書かれたものだという事が分かりました。



でも、清少納言は定子が生きている間は定子を慰め、
定子の死後はその魂を鎮めようとしたと
あとがきに書いています。



定子も頭のいい人で意地悪な問題を出して
清少納言を試します。
ドラマにしても面白そう(*゚▽゚*)



1000年以上も前の人たちが
どんなことを考えていたか
知るのも楽しいですね☆



また図書館の話しに戻ります。
付箋をしおり代わりに使うんですけど、
返却日を付箋に書いておくと忘れなくて
便利ですよ。



ある雑誌の投稿欄で知って
真似させてもらっています。
これ本当に助かっています。



ありがとうございました。